養蓮寺( ようれんじ)
養蓮寺は、戦国時代のはじめの一四九三年に開かれた浄土真宗の寺。ここには、江戸時代の相撲のスーパースター「雷電為右衛門」が江戸から着物のたもとに入れて持ち帰ったという「たもと鐘」がある。
養蓮寺は、雷電の生家の菩提寺で、怪童といわれた少年期、雷電はこの養蓮寺で水汲みをしていたという言い伝えもある。