トップページ 活動内容 活動実績 イベント案内
めぐり道マップ 与良・俳句の町エリア 荒町・寺町エリア 本町・藤村エリア 大手門・本陣エリア 懐古園エリア

城下町&文学のめぐり道マップ>与良・俳句のまちエリア

与良の魅力は、なんといっても表通りから一歩奥に入った田園風景にあります。旧家としては江戸時代の庄屋や豪農の屋敷があり、小路を歩いているとお堂や石塔に出会います。城下町の中ではありますが、なんとなく村の風景のような素朴さが感じられるエリアです。
俳人の高濱虚子が疎開して暮らしていた家が「虚子庵」として保存され、与良のシンボルとなっています。


虚子の散歩道(コースタイム20分)
高濱虚子が小諸にいたころ、朝に夕に散歩し俳句を詠んだ小径が昔の雰囲気のまま残っています。(明治時代、島崎藤村も「千曲川のスケッチ」でこの素朴な田園風景を描いています)
街道から一歩はいると、お堂や石仏、りんご畑、清らかなせせらぎにいやされる小径があります。坂の上には、虚子の愛した浅間や蓼科の山並みが広がります。
『その馬頭観世音のところから更に岐れた径を行くと、小さな流れに出る。その流れに沿うて一軒の水車小屋がある。その水車小屋に住んでをる人とはいつからか知合ひになつてその縁に腰をかけて話をする。そこの主人は炬燵の座布団を改めて頻りに「お當りなんして」とすすめてくれる。』高濱虚子・小諸雑記より